本文へスキップ

「ウィルス性肝炎治療医療費助成のご案内」

ウィルス性肝炎の患者さんへ

  当院は、開設当初より「消化器疾患」を診療の中心の一つとしてきました。現在は、大阪府より指定された「肝炎協力医療機関」として 理事長の三好と内科医師の福嶋が、ウィルス性肝炎の治療を行っています。
  ウィルス性肝炎の治療には、従来では高額の医療費自己負担額が発生していましたが、医療費の助成制度が成立し、治療が受けやすくなりました。現在の患者さんの自己負担額は1万円と軽減されています。(上位所得者は2万円)
   助成制度の内容を次にご案内しましたので、是非、お気軽にご相談下さい。
    三好医師と福嶋医師の外来医診療時間は、 こちらから

助成制度の目的

  ウィルス性肝炎に罹患し、インターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療を実施する患者に対し、厚生労働省が定める 「肝炎治療特別促進事業実施要綱」に基づき、当該治療に係る医療費の一部について援助を行うことにより、 患者の負担軽減を図るとともに、 肝炎に関する効果的な医療の普及を促進する事を目的としています。

医療費助成の対象者

次のそれぞれの項目すべてを満たす方が対象となります。

1.肝炎インターフェロン治療医療費助成の場合
  住民票の住所地が大阪府内にある方
  B型又はC型ウイルス性肝炎、C型代償性肝硬変と診断された方
  肝炎インターフェロン治療受給者の認定基準を満たしている方
  各種健康保険の被保険者又は被扶養者

2.肝炎核酸アナログ製剤治療医療費助成の場合
  住民票の住所地が大阪府内にある方
  B型ウイルス性肝炎、B型代償性肝硬変、B型非代償性肝硬変と診断された方
  肝炎核酸アナログ製剤治療受給者の認定基準を満たしている方
  各種健康保険の被保険者又は被扶養者

月額自己負担限度額

受給者の属する世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額の合計額に応じて月額自己負担限度額が決定されます。
ウィルス性肝炎と関係のない治療については、医療費助成の対象にはなりません。

 階層区分  月額自己負担限度額  世帯全員の市町村民税(所得割)
課税年額の合計
 甲  20,000円  世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額の合計が235,000円以上の場合
 乙  10,000円  世帯全員の市町村民税(所得割)課税年額の合計が235,000円未満の場合

申請窓口

対象者がお住まいの地域を管轄する保健所または保健(福祉)センターです。そちらで、しおりや申請書、診断書等を配布しています。しおりはこちら(POF)から。

医療費助成の期間

申請受理月の初日から1年以内で治療予定期間に即した期間となっています。
   ※ただし、肝炎インターフェロン治療で一定の要件に該当する者は助成期間を延長することができます。
   (新規・2回目の制度利用とも)

詳しい事は大阪府のホームページへ

「肝炎治療医療費助成」について、詳しいことは次のリンク先からお入りください。

            大阪府の肝炎治療医療費助成のぺージ

       

Seijyukai Hospital青樹会病院

〒572-0022
大阪府寝屋川市緑町47−7
TEL 072-833-8810
FAX 072-835-4332